ご予約

SEASIR WHALE WATCHING SEASIR WHALE WATCHING

ホエールウォッチングツアーの一時休止について

新型コロナウイルスをはじめとする感染予防および拡散防止対策について

スタッフブログ

スパイホップ

はいさい!!

12月に入って2日しか太陽が出ていない沖縄ですが、ホエールウォッチングが始まる26日の予報は晴れです🌞予報が変わらいことを祈ってますが、沖縄の天気予報はまあ当たりません。でも希望をもって、皆さんに楽しんでもらえるようにしっかりと準備をしていこうと思います!!始まるまであと1週間!!スタッフもドキドキわくわくとても楽しみにしています!!

では、今日もクジラのパフォーマンスについて解説していきたいと思います!!

第5回『スパイホップ』レア度★★★★

「スパイホップ(Spy Hop)」は垂直に上半身を持ち上げて、海面から顔だけ出す行動です。
海から顔を突き出し、あたりを眺め、体を回転させながらゆっくり沈みます。ホエールウォッチングでは、ごく稀に見られます。この行動はクジラの偵察行動といわれています。クジラも自分たちが泳いでいる海の上で何が起きているのか興味があるようです。実際にボートがクジラの近くにいたりすると、頭だけを水面にあげて、こちらの様子を偵察しているようにジロジロと見てきます。近くで上がることが多いので目が合うこともあります。迫力マックスです!!

でも実際に見てみると、どこに目があるかわかりづらいんです。クジラの体には無数の傷やたくさんのフジツボがついていたり、口の先がぼこぼこしていたりと全部が目に見えてしまいますね。笑

ではどこに目があるかというと・・・

こんなところにあるんです。

この目なんですが大きさはグレープフルーツくらいと体の割には小さいです。私たちの目とは違って、白黒の世界に見えるらしいです。さらに立体的には見ることができないと言われています。ではどのように目の前のものとの距離を測っているかというと、頭から脳波を出して距離感を保っていると言われています。諸説ありますので確実ではありませんが。。このようにまだまだクジラのことで分かっていることは少ないんですね!!

あれまー。またまた興味持っっちゃいましたか??

実は先週、沖縄でもクジラが確認できました!!親子のクジラでした!!これからどんどん沖縄にクジラが来ますので、ぜひ1度世界最大の哺乳類のクジラを見に来てくださいね!!!

 

最後に知っておいてほしいことです。

【沖縄でザトウクジラに会うチャンスを増やすために】
昨シーズンのザトウクジラ遭遇率は99%でした。
しかし、注意して頂きたいのは、クジラはいるのですがこの時期の沖縄は風が強く海は荒れやすいということです。

クジラ遭遇率よりもボートが出航できるかが大きなポイントです。

出航確率は70%前後になります。
ご予約をする場合は欠航になる事も考慮して

`*『旅行日程の前半』*`

にホエールウォッチングを申し込んでいただくと、欠航の場合は翌日、翌々日などに再度チャレンジする事で出航できるチャンスが増えます。

ぜひご検討ください!!